熱暑をしのぐ新しい断熱

トップページ「森の快適さ」の秘密 > 熱暑をしのぐ新しい断熱

今の断熱材は、夏の暑さをしのげない

今の断熱材は、夏の暑さをしのげない

人が住まいの中で、快適さを感じる最も大きな要素は、暑さ・寒さです。そのため、日本の住宅建築は、室内の温度環境をいかに良くするか、外部環境の影響を少なくするか、ということに、技術の開発進歩がなされてきました。その一つが、断熱材です。

今日、一般的に使われているグラスウールやウレタンなどの断熱材は、保温効果に優れており、冬は室内の暖かい空気を守ってくれます。
一方、これらの断熱材には、夏の日差しをさえぎる「遮熱」効果はありせん。そのため、輻射熱で温められた室内の熱気は断熱材で閉じ込められ、さらに断熱材自体がためこんだ熱が、夜には室内に放出し、熱帯夜に...。
断熱材で囲んだ家は、冬はともかく、夏の快適さを守ってはくれないのです。

家族の森は、この問題を解決できる家、すなわち「冬暖かい」だけでなく、「冬暖かく、夏涼しい」理想の住環境を探し求めてきました。
その中で、私たちが最良と考える断熱が「遮熱断熱工法」と呼ばれるものです。

驚異の断熱性能を生む二重構造

「遮熱断熱工法」は、「断熱材」と「反射材」という、性質の相反する2つの素材を組み合わせた構造です。
熱気や寒気を約95%遮断する「アルミ熱線反射材」を壁の外側に張り(外張り断熱)、壁の内側には、室内の温度を外へ逃がさない「発泡ウレタン断熱材」を充填します。この二重構造により、輻射熱対策と室内の保温を同時に行い、従来の工法にない「夏涼しく、冬暖かい」住まいを作り出せるのです。

遮熱断熱工法イメージ図

発泡ウレタン断熱材 アルミ熱線反射材

遮熱・断熱性能を、モデルハウスでお確かめいただけます
家族の森のモデルハウスでは、サンプル素材を使った「遮熱断熱工法」の性能実験をご覧いただけます。アルミ熱線反射材の、驚きの遮熱効果をお確かめください。

before after

まだまだある「遮熱断熱工法」のメリット

構造の強度を損ねない

構造の強度を損ねない

これまでの外張り断熱は、その荷重を外壁に与える上、取り付けにも柱や断熱材への釘打ちが必要でした。当工法の反射板の厚みはわずか0.2mm。薄くて軽量、特別な施工も必要とせず、建物の耐震性や強度を損ねません。

安心・安全

安心・安全

当工法で用いるアルミ反射板・発泡ウレタンともに揮発性物質を一切発生せず、VOCも不検出。シックハウスの心配はありません。また発泡ウレタンはJIS規定「難燃性3級」をクリア、火災時も安全な材料です。

地球にやさしい

地球にやさしい

当工法は、外気の影響を遮断し、かつ室内の暖気や冷気をほとんど外へ逃がしません。冷暖房の効果を最大限発揮し、エネルギー消費を少なくする省エネ住宅です。また、施工時の廃材もほとんどなく、地球環境にもやさしい工法です。

コストの問題をどう考えるか

こうした素晴らしい遮熱断熱工法について、コスト面に関するお尋ねをよくお聞きします。

施工費は、これまでの一般的な断熱工事よりも割高になります。一方、冷暖房の効率がとても良くなるため、月々の光熱費やエアコンの設置費用は、一般の場合より抑えられます。また、透湿防水シートが必要ない、施工が易しく工期が短いといったコスト減の要因もあります。

ですが、何よりも私たちがお伝えしたいのは、住まいの快適性を高めることに、決して妥協しないでいただきたい、ということです。
暑い・寒いの問題は、家に住み続ける限り、毎日、何十年と続きます。ご自身やご家族、お子様やお孫様、そのご家族...皆様がこの家で過ごす大切な時間を、少しでも心地良くいられるために、「この家にずっといたいね」と笑顔でいられるために、今何が必要か、そうお考えいただきたいと思います。
そのお気持ちに、私たちは精一杯おこたえいたします。

コストの問題をどう考えるか

家族の森 モデルハウス

このページの先頭へ