心地良い室温を守る窓

トップページ「森の快適さ」の秘密 > 心地良い室温を守る窓

断熱性の高い「Low-E複層ガラス」

家の中で、最も熱の出入りが大きい部位は「窓」です。あるデータでは、暖房時に家の窓から失われる熱は全体の48%、冷房時に侵入してくる熱については、実に全体の71%が窓からのものだとしています。快適な住まいづくりを考える上で、窓の断熱性は、非常に大切なのです。

そこで家族の森では、住まいのすべての窓について「Low-E複層ガラス」としています。
Low-Eガラスとは、ガラスの表面に特殊な金属膜をコーディングしたものです。普通のガラスに比べて、遠赤外線の反射率が非常に大きく、これが断熱性の高さとなります。

Low-E複層ガラス

さらに2枚のLow-Eガラスで空気層をはさみこんだLow-E複層ガラスで、断熱・遮熱性能をより向上させます。このLow-E複層ガラスを使えば、出窓や大きな窓を使ったプランでも、必要な断熱性能を保つことができるのです。

窓枠一つにも、快適さへのこだわりを

また家族の森では、窓の断熱性能をさらに高めるべく、「樹脂サッシ」を標準仕様としました。

一般的な住宅の窓サッシは、安くて加工性も良いアルミ製のものが主流ですが、アルミは、熱伝導率が高い、つまり熱の伝わりやすい素材です。そのため、壁や窓の断熱性が高くても、サッシから室内の熱が逃げてしまう、あるいは室外の熱が流入してくることになります。

一方、樹脂サッシの材料は塩化ビニール樹脂です。金属と比べて非常に熱伝導率が低く、アルミの約1000分の1。断熱性に優れ、快適な室温をしっかり守ります。また、樹脂サッシは結露が生じにくいため、カビやダニの発生を防げるのもメリットです。

サッシイメージ

窓1枚、窓枠1つにも、できる限り「快適な住まいづくり」につながるものを選びたい。それが私たちのポリシーです。

家族の森 モデルハウス

このページの先頭へ