経済産業省が公募する「ZEHビルダー」に応募、ZEH普及に努めてまいります

トップページNEWS & TOPICS > 経済産業省が公募する「ZEHビルダー」に応募、ZEH普及に努めてまいります

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により
快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り
年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。

 

[高断熱でエネルギーを極力必要としない(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)]+[高性能設備でエネルギーを上手に使う]+[エネルギーを創る]

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数で
ZEHを実現すること」を目標とし普及に向けた取り組みを行っています。

上記の目標の達成に向け、平成28年度のZEH支援事業(補助金制度)においては
自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を
宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を
「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。
家族の森は、現在に至るまで、認定長期優良住宅の建築を提案しており、それをベースにして
ゼロエネルギーの住宅の目的、仕様等を積極的に提案していきます。


(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの例)

ZEH普及に向けた推進事業

政府は、2014年4月に閣議決定した『エネルギー基本計画』の中で、2020年には標準的な新築住宅を
ZEH(ゼッチ)とすることを目標に掲げました。

この目標を達成するため経済産業省は、自社が受注する住宅のうち、ZEH(Nearly ZEHを含む)が
占める割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げる事業者を「ZEHビルダー」として公募

認定した「ZEHビルダー」には補助金を交付する取り組みを始めました。

ZEHを推し進めることで、月々の光熱費を抑えることにつながり、ひいてはお施主様の豊かな暮らしを
支えられるため家族の森はこの事業に賛同し、「ZEHビルダー」に応募いたします。

家族の森のZEHへの取り組み

当社では次のとおり目標を設定し、取り組んでいきたいと思います。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH +(Nearly ZEH) 10% 20% 30% 40% 50%

NEWS & TOPICS一覧へ戻る

家族の森 モデルハウス

このページの先頭へ