本物の吉野材で建てる

トップページ > 本物の吉野材で建てる

最高の建築用木材・吉野材

吉野材イメージ家は、建てたご家族のみならず、何代にも、何十年にもわたり住み継がれ、快適で幸せな暮らしの場となってゆくべきものだと考えています。
そんな、皆さんの大切な住まいに関わらせていただく中で、家族の森がこだわっているのが、住まいの命・構造を支える「木材の品質」です。

皆さまは「吉野杉」をご存じでしょうか?
奈良県の南部・吉野では、500年ほど前から、杉や桧が大切に育てられてきました。今日、吉野の林は、日本の人工林の「三大美林」に数えられています。

まっすぐ、大きく育てられた吉野の木には節が少なく、サーモンピンクの艶ある木肌が特徴。その独特の色合い、木目、香りはすべてが高い次元で美しく、吉野材は古くから建築の世界で重宝されてきました。

家族の森では、地元奈良県の、吉野材を使った住まいづくりをしています。見た目に美しく、高い強度を誇る吉野材を使うことで、耐震性や耐久性に優れた住まいづくりが実現します。大和の地に暮らす皆さまの快適な住まいづくりには、吉野材に勝るものはないと考えております。

奈良で育った木が、奈良の家にいちばんなじむ

弊社主催の山ツアー私たちが吉野材を積極的に使っているのは、その建材としての強さや美しさもさることながら、地元奈良の工務店として、「地産地消」へのこだわりがあるからです。

すべての土地には、その地特有の気候風土があり、住む人の人柄には地域性があります。そして、地域の特性に合った、ものつくりやサービスがあります。
奈良の地に数百年以上、根を下ろす吉野の木々は、誰よりも、この地域の気候風土を知り尽くしています。奈良で建てる家には、奈良で育った木を使うのが、もっとも馴染むことは言うまでもありません。

さらに多少なりとも、地元の産業や吉野の杜の育成、地球環境にも貢献できると考えております。

安心の高品質「奈良県地域認証材」

吉野材イメージ皆さまの暮らしを支え、気候風土に合った無理のない住まいづくりをするために、家族の森が選んだのが、「奈良県地域認証材」の吉野材です。

「奈良県地域認証材」とは、奈良県地域材認証センターが定めた品質基準を満たす、奈良県産材から製造した製材品です。認証材登録業者が責任を持って提供します。

天然素材である木材は、全てが同じ性質や強度を持っているわけではありません。その不均一性が木材の魅力でもあるのですが、近年は住宅工法や消費者ニーズの変化により、強度や寸法精度が明確な製材品が望まれています。
そこで、第三者機関が品質基準を設定し、品質や産地の明らかな木材を提供していくための制度が、奈良県地域認証材制度です。

日本で最も美しい木と言われる吉野材。その中でも家族の森は、奈良県地域材の認証を受けた、高品質で安定した優良材だけを使うことで、一歩先行く、長く安心して住み継げる家づくりをご提案しています。

生産者の顔が見える、家族の森の吉野材ネットワーク

森の木を育て、伐採・製材し、住まいの柱や梁になるまでの過程を、認証材登録事業者が関わる。これが、私たち家族の森の「吉野材ネットワーク」です。
木材の流通経路をクリアにし、それぞれの顔が見える形にすることで、責任ある生産・管理が可能となり、グループ一貫体制によるコスト削減もはかれます。
奈良で住まいづくりをする方々に、高品質の吉野材を安定供給できる画期的なシステムです。

家族の森の「吉野材ネットワーク」

清光林業株式会社

奈良県の吉野林業地帯で、100年を超える手入れにより「吉野杉」を育てています。
自然環境の保全と自然災害の防止などに配慮した、丈夫な作業道と作業の機械化による近代的林業経営に取り組んでいます。
(所在地)奈良県吉野郡吉野町飯貝701

松尾木材株式会社

伐採から製材、乾燥まで、自社一貫工程を構築している「吉野の山を隅々まで知っている」会社です。すべての木材製品に県産材を使い、100年以上を生きてきた「吉野杉」を余すことなくお届けしています。
(所在地)奈良県吉野郡吉野町飯貝1-1

トリスミ集成材株式会社

林産物の分別・管理、集成材やプレカット製品の生産販売を行っています。平成11年に「ISO9001」、平成17年に「ISO14001」の国際規格認証を取得。発想力と高度な技術で「木を活かしきる」強い思いで取り組んでいます。
(所在地)奈良県五條市住川町1297

家族の森 モデルハウス

このページの先頭へ