News新着情報

【建築中】温熱環境を整えた人と地球にやさしい吉野材の住まい

2023.12.25

地盤改良・基礎工事

HYSPEED工法 地盤調査 HYSPEED工法 地盤掘削

地盤改良工事を行いました。
天然砕石を使用した、環境にも住む人にも優しいHySPEED工法を採用しています。
特殊なドリルを使い、深く支持層まで柱状に堀りおこし、環境に無害な天然砕石を入れ込んでいます。
メリットは多々ありますが、一般的な鉄杭等と違って劣化がなく、将来土地の売却時の撤去費用もかかりません。
改良が必要な土地のみに行う工事ですが、耐震等級3を確保するための大事な一手となります。

写真は「鎮物(しずめもの)」です。
土地中央部分の土中にお鎮めします。
古来神事であった相撲の土俵でも同様に鎮め物をしますが、工事の安全、施主様のご家庭の繁栄を土地の神様にお祈りいたします。


基礎の地面から湿気の上昇を予防する、ポリエチレンシートを敷き込みます。
特に床下は湿気がたまりやすいので、この防湿処理は建物を
長持ちさせるために必須です。
実際にしばらくすると、このシート内側に水滴がついているので、湿気があがっているのが見てとれます。
この上に捨てコンクリートを打ち、防湿シートを保護しながら基礎形状を強固にしていきます。

基礎 配筋 基礎コンクリート打設

鉄筋のピッチが揃えられ、きれいに配筋されています。
配筋が終われば基礎のベースコンクリートを打っていきます。

底板一面敷かれた鉄筋にコクリートを流し込みます。
「ベタ基礎」は家の荷重を面全体で支える構造です。
布基礎と比較し耐震性が高く、不動沈下に強い特徴があります。
また、防湿処理はポリエチレンシートと併せに段構えで湿気の上昇を防ぎます。

土台伏せ

基礎コンクリートの上に据える土台は、家族の森の誇る吉野材、吉野桧を使用します。
吉野で育てられる杉や桧は他府県産の木材と比べ、年輪が密で硬く、緻密さ故の強度が持ち味です。
地元奈良で家を建てるのに、これ以上費用対効果の高い木材はありません。
家族の森の安心安全の家づくりに、吉野材は必須です。

こちらの家ではパッシブエアコンを採用しているので、基礎断熱になります。
高気密高断熱の家をつくりにあたり、基礎断熱の事例ではC値(気密数値)が0.4を誇ります。
気密性能が良いと熱の流出入が抑えられるので、断熱性能はより向上し、冷暖房効率もグッとよくなります。

防蟻(シロアリ対策)処理について

家族の森の防蟻処理は「四段構え
①ベタ基礎②基礎パッキン③土台吉野材(桧)④防蟻処理

①ベタ基礎では布基礎と比較し、建物と地面が直接触れません。
地面から直接のシロアリ侵入経路をまず予防します。
またベタ基礎は床下の隙間をコンクリートで覆うので、基礎工事の貢で説明した通り、シロアリの好む「湿気」が建物に伝わりにくくなります。
(シロアリは、日光や風に大変弱く、太陽光に当たると死んでしまうほどです)
しかし、シロアリはわずか1ミリ以下の隙間でも通れるので、ベタ基礎だけでは心許ないこともあり、次の構えです。

②基礎パッキンは、パッキン自体に防蟻薬剤が含まれているわけではありません。
直接的に作用するいうよりは、通風できる基礎パッキンを採用することで、湿気対策という位置付けです。
この工法を採用することにより、JOTOテクノの「長期シロアリ保証」を受けられるメリットもあります。

③桧は「ヒノキ精油」という防虫効果のある成分が含まれています。
他の木材と比較し、シロアリなどの虫に食べられにくい。
そこに加え、上述のように吉野桧はとにかく硬い!
シロアリに狙われたとしても、食べにくいわけです。
家族の森での吉野材シロアリ実験はこちらをどうぞ

吉野材と集成材のその後

 

④これら3つの状態に加え、防蟻処理の散布を行います。
こちらの事例では人間に無害なホウ酸による薬剤散布を行い、防蟻対策に万全を期していきます。

上棟

いよいよ上棟を迎えました。
この時期は天候も考慮に入れながら、スケジュールを調整していきます。
例えば大きな風が出る場合、クレーンで吊り下げた材料が揺れたりと、作業の安全性が懸念されてしまいます。
調整の結果、無事雨風の心配もなく当日です。
ベテラン大工さんたちにより、建物の主要な構造材を一気に組み立てていきます。

柱が立ち、屋根を据えて家の形が出来てくると、実感が湧いてきます。
散歩されていたご近隣の方から「いい家ができたね」とお声がけもいただき、無事棟上げ完了となりました。

 

上棟式では、家の四隅をお清めし、施主様からご挨拶をいただきます。
お清めでは酒・塩・米の順に、棟梁や現場監督と共に清めていきました。
この先長く暮らしていく大切な家。
施主さまと一緒にお子さまにもお手伝いしてもらい、ご家族にとっても思い出に残る1日に。
上棟以降も、施主さまには自由に工事現場を見学していただけます。

金物 内装工事

 

建築金物を取り付けました。
柱や梁などの木材接合部を結合し補強するために取り付けます。
計算上正しく設置されているか、建築士の先生にもチェックしてもらっています。

 

 

中間検査時は改めて第三者機関の方にチェックしてもらいました。
いつも来られる検査員の方に、「家族の森の大工さんは丁寧に仕事されてるので、検査時間が予定通りで助かります」とお褒めの言葉をいただきました。

ウレタン遮熱工法×パッシブエアコンを採用されました。
「断熱材」は、熱を伝えにくくする材料ですが、「遮熱材」は熱を反射して跳ね返す材料です。
今年も本当に暑いですが、遮熱アルミシートは、太陽からの熱エネルギー(幅射熱)の97%を遮断します。
これで、夏でも家に熱気がこもらず、快適な環境をつくることができます。

全館空調パッシブエアコンは、パッシブデザインの要素を設計に入れた家の小屋裏に、本体を設置します。
ダクティング(家中に配管を巡らせる)により、冬は床下から暖気、夏には天井から冷気を送ります。
高気密高断熱の家で、さらに屋内の温熱環境は一年中快適に。

外壁・美装工事

足場がとれ、グレーの外壁とブラック色のサッシが見えるようになりました。

充填ガス入りにして、より熱を通しにくい樹脂サッシにしています。

 

養生が外されました。美装後、吉野桧の床には、汚れ止めの自然塗料を塗装します。

お施主様の要望で壁にコーナーをアールにして角がきつくない施工です。

 

竣工

吉野桧の床に吉野桧の丸柱がありあたたかみのあるLDKになりました。

南に面するリビングは吹き抜けと大きな窓が明るい陽射しをたっぷりとりいれます。

透明な手摺で開放感のある2階からの眺め

玄関を入ってリビングに行く動線と洗面を通って、ファミリークロークへ行く動線があります。

子育て世帯にうれしい回遊動線です。もちろん玄関横のクロークもたっぷり充実しています。

ファミリークロークに隣接するランドリーの床は水に強い塩ビタイルに。

お住まいが完成し12月吉日にお引渡しをさせていただきました。

近隣の皆様には大変ご協力をいただきまして感謝申し上げます。

あとしばらく外構工事へのご理解の程よろしくお願い申し上げます。


地震に強く、環境や人には優しい「住み心地No.1」の家を建てています。

最高ブランド材である奈良の『吉野材』を軸に据えた、上質で長持ちする住まい。

断熱だけでなく、遮熱と共に夏冬の快適さを約束する『ウレタン遮熱工法』、省エネでありながら静かで体にやさしい全館空調「F-CON・パッシブエアコン」を導入。

もちろん耐震等級3をクリアし、ZEHやHEAT20・G2基準といった次世代基準のSDGsに貢献する家を実現。

家族の森は伝統が支えてきた建材と最新技術を駆使しながら、「人が住む」ことに真摯な姿勢で家づくりをしています。

ぜひ一緒に、最高の住み心地を追求しましょう。

~◇~◆~施工エリア~◆~◇~
奈良県全域・京都府南部 中心 他地域の方もお気軽にご相談ください。

奈良県の新築・リノベーション・リフォームの工務店 家族の森

関連記事

None found