気密性能を調査しました(C値が0.6c㎡/㎡)!

2015.07.13

こんにちは家族の森です。
弊社の気密断熱住宅の性能を数値であらわしてみるため
M様邸のウレタン断熱材を吹付後の気密測定を行いました。

【M様邸のC値は0.6c㎡/㎡】

気密性はC値であらわされる隙間相当面積のことで
M様邸での測定結果は家の隙間(総相当隙間面積)が127c㎡でハガキよりも小さい隙間が測定されました。
ロフト等もいれた実質延べ床面積210.84㎡で割ると出る数値がC値です。非常に高い気密性があると言えます。

気密測定は、室内を送風機で減圧(または加圧)し、そのときの風量と圧力差を測定して
総相当隙間面積を計算します。
これらの測定や総相当隙間面積の計算は気密測定器で行います。
総相当隙間面積を延べ床面積で割ったものが、相当隙間面積(C値)です。
相当隙間面積が小さいほど、住宅の隙間が少ないことを表しています。
次世代省エネ基準においてはC値は2以下が良いとされています。

気密性能を高めることは
冷暖房等に関わる消費エネルギーを削減し
家全体の温熱環境を均一にします。
家族の森の快適な家づくりへのこだわりを
是非、見学会等にてご覧くださいませ。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.