内開きドアから吊り引き戸へトイレリフォーム

2013.01.27

2013.01.27


こんにちは、家族の森です。

トイレはよくリフォームしていますが、こちらのオタクは、トイレのドアが内側に開くため、引き戸にしたいとのご要望でした。

手すりは既存のものを使用しました。

以前のトイレはタイル張りで完食のため、冬には一層冷たく感じます。

巾木の上に敷居があり、段差は10cmほどありました。

引き戸にするため、枠を作り直しましたので、段差は解消され、吊り引き戸で出入りがスムーズになりました。

扉の開け閉めで、ガタガタしていた明かりとりのガラスですが、

新しい枠にガラスがきっちりと収められガタガタしません。

コロンとした手洗いボウルが気に入っていらしたので、再度取り付けました。

タイルをハツリ、解体していくと、木が腐っていることがわかりました。

ボロボロになっている土台、大引です。

腐った木は取り替えて床を作ります。

(トイレ側)吊り引き戸の枠と明かりとりのガラスが入る枠が組みあがっています。

(廊下側)引き戸枠の塗装前

(廊下側)引き戸枠の塗装後

棚板も塗装されました。

換気扇も新しくなりました。

トイレはリクシルのサティスです

建具枠を作ってから、扉を作成するための工期が長くなりお待たせいたしました。

また、近隣の皆様のご協力ありがとうございました。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.