子供たちへの想いが詰まった優しいお家♪

2020.01.27

2020年 1月


子供たちへの想いが詰まった優しいお家♪

完成しました!

こちらは「完成見学会」の時に撮影したものです。

 


2019年12月 外壁


サイディングも貼り終えました。

 


2019年12月 木工事続行中

 


天井の杉板、完了!

天井 杉板張り
もう一つの2階の子供部屋は自然素材を使ったお部屋です。こちらは天井に杉板を張っているところです。

 


2019年11月 木工事

 


張り終わったら、傷がつかない

ように養生ボードを載せていきます。

2階の子供部屋の床が

張られています。

 


2019年11月 ユニットバス設置

 


壁パネルも取り付けられました。

鏡や床もしっかり養生しておきます。

ブルー系のアクセントパネルが

さわやかです。

ユニットバスの組み立てです。

浴槽が据付られました。

今は壁パネルの取付け中~~

 


2019年11月 ウレタン吹付け

 


ウレタン吹付前のユニットバスを

設置するスペースです。

向かって正面と右手が

外壁に面している壁です。

給水・給湯のパイプも見えています。

外壁に面している部分と

コンクリートの土間部分に

しっかりとウレタンが

吹き付けられています。

2階の屋根部分の吹付前

屋根の内側もしっかりと

ウレタンが吹き付けられました。

 


2019年10月 上棟

 


いよいよ上棟です。

大工さんが集結して、一日で屋根まで組み上げます。

二階以上で使う資材を引き揚げるだけでなく、梁部分の組み上げにもクレーンが大活躍します。

夕方までに、屋根の一番高い位置に棟木が取り付けられ、無事上棟となりました。

今回は、上棟の日の夕方に上棟式を行うため、紅白幕を設置させていただいています。

お施主様とご家族の皆様と、上棟式を行いました。

御幣(ごへい)をお祀りし、工事の安全を祈願します。

棟梁とお施主様で、建物の四隅に、お酒、お米、お塩をまき、建物を清めます。

 


2019年9月~10月   基礎工事

 


JIO(日本住宅保証検査機構)による配筋検査が行われました。

図面で指定された間隔、強度を保ち、きちんと鉄筋が設置されているか、厳しいチェックを受けます。

基礎が立ち上がりました。

土台据えを行いました。

大引きには吉野の桧を使用しています。

 


2019年9月   地盤改良

 


HySPEED工法による改良を行いました。

SVヘッドを先端に取り付けたケーシングを用いて、無排土で地盤を削孔し、SVヘッドから排出した砕石を締め固めて地盤を補強します。

砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えるので安定した強さがあり、かつ、地震時の液状化を「ドレーン効果(排水効果)」により抑制します。

また、天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こさず、住む人の健康被害も起こしません。


2019年9月   地鎮祭

 


9月の良く晴れた吉日に地鎮祭を執り行いました。

土地の守護神を祀り、この土地を利用させてもらうことの許しを得ます。安全祈願祭とも呼ばれることのある大切な儀式です。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.