家族の森の長期優良リフォーム(提案型)

2015.12.15

20151215


家族の森が国土交通省から7月に採択された長期優良リフォーム推進事業(提案型)の施工を行いました。
「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は、インスペクション、性能の向上のためのリフォーム等による
住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が費用の一部を補助する制度です。
奈良市のM様邸は築30年のわが家を大切にされておりましたが冬がとても寒く、水廻りの入替と同時に
断熱材を施工して、これからも長く快適に暮らせるようにリフォームしました。


 

工事期間中から暖かさを実感し

サッシの結露もなくなり快適と

大変喜んでいただいております。

近隣の皆様のご協力

誠にありがとうございました。

吉野桧の床材と吉野杉の腰板

壁・天井は珪藻土で仕上げました。

和室は無垢の床板と羽目板と
珪藻土の壁に仕上げました。


玄関ドアは入替、内窓を設置
吉野杉の腰板を貼りました。


ユニットバスは引き戸を

採用されました。

外部は屋根、樋を取替
外壁等は塗装しました。

 


木工事中


和室を洋室に
床に無垢の床が貼られました。
掃出し窓は樹脂サッシに入替
腰窓は内窓設置する予定です。

ダイニングキッチン
リビングの床暖房が
設置されました。

床下も床撤去後床を貼り
100
ミリの厚みの発泡ウレタンを吹付ます。
密着し気密性能が高いので断熱性能の
効果もかなりUPします。

 

長期優良住宅リフォームでは床下
小屋裏から冷気が入らないように
気流止めのための断熱工事を行います。
屋根及び下屋の天井に解体後下地をつくり
140
ミリの厚みの発砲ウレタンを吹き付けます。

勝手口とサッシが1枚ガラスから

遮熱断熱複層ガラスの
樹脂サッシに取り替えられました。

解体前のダイニングキッチン
壁・天井・床全てと
勝手口とサッシを撤去します。

断熱材にくるまれた場所に
ユニットバスを設置します。

浴室が解体されサッシも入替られました。

天井・床にはウレタンを吹き付け壁には

断熱材がはいります。

和瓦の厚みの分だけ壁が

みえてくるため補修します。

和瓦から軽いセメント瓦へ葺き替えます。
構造用合板を貼りルーフィングを貼ります。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.