斑鳩町S様邸 屋根吹き替え及び、小屋裏断熱改修工事

2012.12.22

2012.12.22


こんにちは、家族の森です。

11月の屋根吹き替えと、小屋裏改修工事の様子をお伝えしたいと思います。

大きな屋根が優美な瓦屋根のお宅です。

小屋裏に増築した子供部屋が夏は暑くて大変です。

瓦の葺き替えと、断熱をしてほしいとのご依頼でした。

物入れの断熱材は、垂れてきていました。

小屋裏の形の子供部屋でした。

小屋裏の天井、壁をはがし、グラスウールを撤去します。

熱損失の大きい天窓も撤去します。

足場を組んで飛散防止シートで覆い、瓦を撤去します。

瓦を撤去すると土がたくさんでてきました。

土嚢袋にたくさんの土が入っています。

広い屋根のルーフィング、野地板をはがすと骨組みだけになりました。

垂木の上に遮熱シートを敷き、また垂木で挟み、野地板(構造用合板)を貼ります。

遮熱シートの内側は、捨て貼りをして、発泡ウレタンが吹き付けられるので、高い断熱効果が期待されます。

野地板の上に雨からお家を守るルーフィングを張ります。

ルーフィングが張られました。

S様は、和瓦と軽量瓦を比較検討された結果、軽量瓦に決定されました。

軽量瓦はウッディシンプルセラコートです。

陶器瓦と比べて強靭で、耐衝撃に強く、防水性能も優れています。

軽量な瓦は、重い瓦と比べると耐震性能が高くなります。

弊社モデルハウスもこの瓦です。

庇、樋も新しく交換します。

水切りが何重にもあった部分の壁が露出されたので、左官工事をします。

左官工事の後に、外壁の色に合わせた塗装をしています。

屋根の内側の遮熱シートが見えています。

発泡ウレタンを吹き付けるため、捨て貼りをしています。

発泡ウレタンが吹き付けられました。

軽量で、隙間もできにくく、高い断熱効果があります。

発泡ウレタンの上にボードを貼っていきます。

物入れ部分も発泡ウレタンで吹き付けました。

天井、壁のボードが張り終わったら、パテ埋めをして、クロス貼りをします。

照明、コンセント、クーラー等を取りつけて完成です。

床も新しくなり、気持ちのいいお部屋になりました。

1か月近く雨を恨めしく思いながらの工事でした。

S様、近隣の皆様、ご協力本当にありがとうございました。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.