蛍の舞う里で年中快適に暮らす家

2018.11.12

20181112


眺めの良い自然豊かな

地元に戻って暮らすための

新築工事がはじまりました。

冬寒くなく夏暑くない家中

どこでも同じ温度の快適な

全館空調のお住まいです。

 


2018.11月 完成


冬の寒さが厳しい山あいですが
全館空調で家中快適なお住まい
が完成しました。
素晴らしい環境での生活を
楽しんで頂きたいと思います。
ご近隣の皆様のご協力誠に
ありがとうございました。

オーク材の無垢のフロアーです

内部が完成しました。

 


201808月 木工事中


気密測定の結果は

C=0.3c/c㎡】

総相当隙間面積を
延べ床面積で割ったものが
相当隙間面積(C値)です。
相当隙間面積が小さいほど
住宅の隙間が少ないことを
表しています。

次世代省エネ基準においては
C
値は2以下が良いとされ
0.3
は非常に気密性能を高く
冷暖房等の消費エネルギーを削減し
家全体の温熱環境を均一にします。

気密測定は、室内を送風機で
減圧(または加圧)し、
そのときの風量と圧力差を
測定して総相当隙間面積を
計算します。

ウレタン遮熱工法は、
室内側で作った
冷暖房エネルギーを逃さず
蓄熱 ・ 保温します。
これにより夏涼しく
冬暖かい家となります

外壁の遮熱シートが光ります。

台風対策でネットシート
が片付けられ、普段は
撮れない建築中の外壁が
美しくみえます。

いつも色とりどりの

お花が咲いています

外壁の下地材ノボパンが

施工されました。

JIO(日本住宅保証検査機構)

による躯体検査です。

外壁の下地材ノボパンが

施工されました。

 


2018.07月 上棟


屋根までたちあがりました。

遮熱シートにより

熱線を95%以上遮ります。

2階の柱に梁がはいりました。

太い梁が運ばれています。

川上村で育った

吉野桧と吉野杉から製材し

プレカット工場を経て

届いた柱です。

2階の柱をたてます。

上棟日は快晴です。

1階の柱をたて梁をいれます。

床合板貼られました。

断熱材を敷き土台、大引き

を設置しました。

 


2018年 基礎工事


日本住宅保証検査機構(JIO)による

配筋検査が行われました。

基礎工事がはじまります。

地盤調査が行われ

改良工事が必要な

ことがわかりました。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.