T様邸の「沈下・傾き」現況調査

2012.03.16

2012.03.16


こんにちは、家族の森です。

昨日に引き続き、「沈下・傾き」の修復工事がもうすぐ着工するT様邸の現況調査の様子です。

昭和63年築のT様邸ですが、日常生活に支障をきたすほどの「家の傾き」に長年悩んでこられました。

隣り合う住まいがそれぞれつながり合い、独立していない形の、いわゆる「連棟」状態のT様邸。写真の左側が今回工事させて頂くT様邸です。

傾きの修復に加え、リビングやキッチン、トイレに浴室・・・と、1階部分を全面的にリフォームします。

昨日、「現状でどのくらい傾きがあるのか?」について調査してきました。

調査には、レベルを測れる、こんな特殊な機器を使用します。

赤い光線がレベルを示してくれるのですが、この光線との比較によって、どこがどんな風に傾いているのかを知ることができます。

今回の計測によって、リビンぐの端と端とで、なんと100mmもの傾きがあることが分かりました。

立っていると、よろけそうになるくらいの傾きです。

上の写真は調査時のものですが、本当なら赤い線に沿っているはずのリビングの扉が、左側にずれて、傾いているのが分かると思います。

「孫がボール遊びをするたびに、ころころと同じ所にボールが転がっていくから、家が傾いているなというのは、日頃から実感しています」とTさんはおっしゃっていましたが、確かに、床に置いたボールは、勢いよく同じ方向に転がって行ってしまいます。

でも、こんな傾きがあっても、きちんとした工事で修復することが可能です。

来週から工事がスタートし、5月の中旬までには完了する予定です。

ずっと悩まされてきた住まいの傾きが解消され、水回りやリビングなど、日常生活の大部分を過ごす空間がきれいになった住まいで、安心してお過ごしいただけるよう、これから工事を進めていきます。

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.