これがリノベーションで優先すべきポイント(2)

2022.09.15

 これが耐震より優先すべき補強のポイント

前回、「命を守る」リフォーム・リノベーションを優先しましょうという話をしました💡

すると「耐震より大切な補強ってあるのか?」という疑問がわきます👀

耐震診断を行い、必要な耐震改修を行ったとしても、「命を守る」観点から言えば、まだ足りません。

それは、「断熱」です。

ヒートショック」という言葉はご存知かと思います。身近に迫る、そのリスクをおさらい。

交通事故の2倍の死亡者数

ビックリする数字ですが、前回ブログ地震で命を落とすより、ずーっと確率が高いのが、ヒートショック死なんです。

M8.0の東日本大震災の死亡者2万人のうち、地震が直接死因になったのは10%、つまり2000人ということでした。

ヒートショックが原因での死亡者は、実に年間約1万7000人にまで達します。交通事故の死亡者数の2倍~4倍で推移するそうです。

ヒートショックとは、主に「家の中の温度変化で血圧が上下し、心臓や血管など身体に高負担をかけること」。

これは断熱不足が主たる原因です🍂

真冬は、暖房をつけている暖かい部屋と、冷え込んだ部屋(浴室・トイレ・洗面所など)の温度差が、なんと10℃を超えます。

「古いお家だし、寒いのはしょうがない…」とお考えのあなた。

大丈夫です!きっちり断熱リフォームで解決できます🌳

冬に、「廊下に出たくない」「トイレがこたえる」「せっかくお風呂に入ったのに脱衣室が寒い」という方は、特に要注意🚨

一番には、浴槽でのヒートショックが代表的です。

(消費者庁より抜粋)

暖かいリビング→寒い廊下→寒い脱衣洗面所→暖かいお風呂

短時間で温度差が10℃前後の移動を繰り返すことになるので、身体に相当負担がかかります。高齢者の方は特に要注意です。浴室でヒートショックから溺死してしまう。お風呂なので家族にも気づかれにくいのです。

このように、家にいながらにして、冬場は交通事故よりリスクの高い移動を繰り返しています。ちなみに、若い世代にも少なからずヒートショックの事例は起こっています。多いのは飲酒後の浴室です。

ヒートショック専門のサイトがあるので、詳しく知りたい方は▶️こちらへもどうぞ。世のヒートショックを防ぐ活動をされています。

まとめると、命を守るためには耐震だけでなく、断熱にこそ、改修が必要なのです。

家族の森では、命を守る観点から、リフォーム・リノベーションのタイミングで、断熱改修も行なうことを強くお薦めします。

すぐ実感できる嬉しさ

断熱改修は、目に見えてメリットがすぐ実感できます。

エアコンの効きがよくなるので、光熱費が安くなる。
結露がなくなり、見た目にも美しく。
・冬場の身震いがなくなり、快適に暮らせる。 

地震が起きた時に「備える」意味合いの強い耐震改修と違い、日々の「快適性の向上」に直結するのが断熱改修だといえます。

これからは中古住宅といえども、きっちり耐震と断熱リフォーム・リノベーションを行えば、家の快適性能はドンと高まります。

現在、新築から中古リノベーションへの推移が増える中、まずは命を守り、快適に暮らせる家づくりを軸に、マイホーム計画を立てられるのが良いでしょう☝️

まだ夏の暑さの残る時期ですが、工事を始めて快適に住む時期を考えると、今から冬に備えていくことをおススメします。

現在は国の補助金を活用できる期間ですので、国の予算上限に達するまでに、信頼できる工務店に相談してくださいね🥰


地震に強く、環境や人には優しい「快適さNo.1」の家を建てています。

最高ブランド材である奈良の『吉野材』を軸に据えた、上質で長持ちする住まい。

断熱だけでなく、遮熱と共に夏冬の快適さを約束する『ウレタン遮熱工法』、省エネでありながら静かで体にやさしい全館空調「F-CON・パッシブエアコン」を導入。

もちろん耐震等級3をクリアし、ZEHやHEAT20・G2基準といった次世代基準のSDGsに貢献する家を実現。

家族の森は伝統が支えてきた建材と最新技術を駆使しながら、「人が住む」ことに真摯な姿勢で家づくりをしています。

ぜひ一緒に、最高の住み心地を追求しましょう。

~◇~◆~施工エリア~◆~◇~
奈良県全域・京都府南部 中心 他地域の方もお気軽にご相談ください。

奈良県の新築・リノベーション・リフォームの工務店 家族の森

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.