カバー工法で玄関ドアを簡単リフォーム


今までにも何度かリフォームのご依頼をいただいているOB様から、今回は玄関扉の取り替えをご依頼いただきました。

以前より鍵の不具合で、奥の扉が開かないこともあり、リフォームをお考えになられたようです。


 

引き違い戸の上部にガラスの欄間がついたドアです。

Before

 

このように綺麗に仕上がりました。

After

 

 

ポーチの屋根に重なっていたガラスの欄間部分も

Before

 

ドア枠の高さをあげることで、より実用的になりました。

After

 

 

今回は、カバー工法で工事を行いました。

カバー工法とは、既存のドア枠を残し、その上に新しい枠を被せていく工法です。

ドア枠ごと取外す工事も可能ですが、その場合、外壁やタイル、中のクロスの工事も必要となり、時間と費用がかかってしまいます。

カバー工法は、わずか一日で(状況により二日いただくこともございます)、工事が完了することもあって、

この工法をご提案させていただきました。

 

さらに、新しいドアは断熱タイプのドアですので、今までよりも快適にお過ごしいただけるのではないかと思います。

 

こだわりの住宅に住まれているお客様はこんな方です

エリア 生駒郡
家主情報 リフォームで何度かご依頼をいただいているOB様です。

お客様の声

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.