平屋風二階建て 和の家

外との繋がりのある平屋風二階建て

歴史豊かな斑鳩の地。こちらは太古から歴史ある奈良県に多い、風致地区での新築一戸建てです。こちらは、かつて法隆寺建立に携わった宮大工たちが住んだとされる土地。ビルダーとしては背筋の伸びる想いです。

片流れの瓦屋根と丸窓の、景観に合わせ意匠を凝らした平屋風二階建ての和風なお住まいに。二階からの荷重が低い分、構造的に安定しやすく地震に強いのが平屋風の特徴。人にも環境にも優しく、頑丈な家づくりをさせていただきました。

風致地区での暮らし

風致地区とは、水や緑など、「自然の風景が持つ趣に富んだ土地」を指します。この良好な自然的景観を保全するため、風致地区では建築物の外観や色、建ぺい率や緑地面積等に、制限や条件があります。その中で県に許可申請をしながら、施主さまの希望を叶えていきます。暮らしの構想は施主さま・家族の森・建築士の先生の三人四脚で、一緒に作り上げました。

子育てと今後の暮らしを見据えて

これから子育てを始められるご夫婦ですが、老後の生活も視野に入れ、はじめは平屋のご希望でした。平屋にすると床面積が増え基礎のコンクリート量が増える+風致地区(の中でも条件の厳しい区域)で瓦屋根限定でしたので、どうしてもコストが嵩んでしまいます。

大手メーカーとの比較検討の末、「平屋風二階建て」を提案したことが、家族の森に決めていただく要因となりました。施主さまのこだわりを理解しつつ、適正価格でご提案できるのことも、建築家と連携できる家族の森の強みです。

とは言え、平屋のもつメリットは十分にそのまま活かせます。効率よく動線を確保し、一階で生活が完結する間取り。一階部分を広く設けることで、総二階の家より外との繋がりを創出しやすく、吹き抜けと相まって大開放なリビングに。

和の空間をリビングといかに調和させるか

「和」にこだわりのある施主さまのご要望に、様々な形で応えていきます。和室は高さのある小上がり和室に。小上がりは高さが低いとつまづく要因になってしまうので、あえて腰掛けできる高さにします。こうすることで和室下に収納スペースを設け、普段使わない季節の道具や、小さいお子様のおもちゃ入れにすることができます。間仕切りの引き込み障子戸は壁の中に収納でき、リビングとひと続きにすることで、より開放性を上げています。床材には無垢材、構造材や見せ梁には日本最高級銘木吉野材を使っています。

シンボルとなる丸窓が印象的です。施主さまは毎年ここで年賀状の写真を撮られるそうで、秋には鈴虫の声を聞きながら夕涼みできる、落ち着く空間となりました。天井照明は施主支給で、お好きなものを採用していきます。他にも陶器の手洗器カクダイの水栓(竹)なども選んでいただきました。これも自由度の高い家族の森の、大きなメリットです。

(水栓写真はカクダイHPより)

快適性をオーダーメイドできる家づくり

こちらのお家ではOMソーラーの全館空調パッシブエアコンを導入。別のお家で完成見学会をさせていただいたところ、こちらの施主様が一目惚れし、導入をお考えになられました。居室空間にエアコン本体がなく、スッキリ見せることができます。冬は足元から暖かい空気が静かに上昇し、床暖房いらず。施主様へのお引き渡しは冬でしたが、「真冬なのに、家に帰ると裸足で過ごせる!」と、大変喜んでいただけました。

夏は上部から涼しい風が降り注ぎます。通常の冷暖房器具ではデメリットとなりがちな、天井の高い吹き抜けでの快適性の確保も実現可能です。これはウレタン遮熱工法×高気密・高断熱の家づくりと併せた、家族の森の推奨する最も快適な家づくりの要素です。

掘り込み書斎には造作の壁付本棚とカウンターがあり、お子様と並んで勉強することができます。本棚は後々も増設可能なので、家族全員の書斎としてもご活用いただけます。テレワーク用でカウンター上にコンセントも設置。

片流れの和瓦屋根です。和瓦はそのデザイン性の高さに加え、防火・耐震・耐水・断熱などあらゆる面で、非常に耐久性の高い屋根材です。こちらは淡路の「いぶし瓦」を採用。いぶし瓦は表面に炭素の膜を施した銀色の瓦で、古くから日本建築の屋根材として、城や社寺などに使用されています。ほとんど劣化がないので、メンテナンス面でも長期的に見れば経済的です。

お庭からの古墳の臨む静かな土地での、新しい暮らしをぜひお楽しみください😊

こだわりの住宅に住まれているお客様はこんな方です

エリア 生駒郡斑鳩町
家族構成 ご夫婦
住み心地はいかがですか? 満足

お客様の声

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.