二階四層の二世帯住宅

「敷地内の1.4M高低差をどうするか?」

建設予定地の敷地内に高低差があっても何のその!普通なら平らにするでしょう。しかし敷地を平坦にすると費用が高くなるので、施主さまのコスト負担を減らすため「段差をそのまま利用する」ことを提案しました。

建築士と一緒に三人四脚で建てる家族の森では、逆境を創意工夫でメリットに変換していきます。その結果、各世帯フロアに0.5階分の違いが生まれ、二世帯住宅ながら独立したユニークな空間を確保することに成功しました。

玄関だけが唯一共同となる二世帯住宅。外観では四層を感じさせませんが、親世帯と子世帯が一階、二階で分かれてあります。間仕切りがなくても、段差で視界を遮り、疎外感なく程よい距離感が生まれます。

こちらのお住まいでも地産地消、最高級ブランドの吉野材を構造材から床までふんだんに使用しています。家族の森では吉野材にこだわりをもって建てていますが、吉野かわかみ社中と流通システム連携を取り合うことでグッとコストを抑えて材を仕入れています。(もし同じ吉野材を使って大手メーカーで建てるととんでもない価格になります…)最高に良い材を、安心して使っていただき次世代の森林環境を育むサイクルをこれからも続けてまいります。

玄関入って一階が、ご両親のお住まい、右側に階段を7段上がると子世帯のお住まいが広がります。段差空間を活用し便利な収納スペースも確保。また、こちらも標準仕様の「ウレタン遮熱工法」で夏の暑さをカットし冬は暖かくした空気を逃さない工法です。快適にお過ごしいただくために遮熱と断熱の相乗効果は欠かせません。

親世帯にの健康と居心地の良さを考えて「光冷暖」を設置。エアコンを使わずに無風・無音。ホコリが舞い上がらず、静かに調温してくれる上に、省エネな優れものです。健康リスクが減ると、同居生活もさらに安心して快適にお過ごしいただけます。

床材には吉野桧を採用。色目も美しく素足で歩きたくなる心地よさ。小上がりの和室には光冷暖用の珪藻土で自然素材たっぷり。室内の温度、湿度環境はこの上なく快適です。建具も造作で、手作り感たっぷりのお住まいです。

二層目、家族が集まる憩いの場所では吉野桧の床に自然光が明るいLDK。

三層目のキッズコーナーはキッチンから様子がうかがえるような配置にしています。階層が多いので子供たちは楽しそう♪大人から見ても「基地感」があり面白みのある個性的なフロアづくりになりました。見せ梁が木の安らぎを視覚的に増幅させてくれます。

この階段、4段目までをオープン階段にし、職人手作りの細目のアイアン手すりにすることで、吹き抜け空間のデザインバランスを壊さず存在感を出しています。またこちらも段差を利用して収納量を大幅に増やしています。

子世帯の浴室は「ハーフユニットバス」。これは、バスタブと洗い場、下部分の壁のみ、ユニットバスセットになっています。上半分のデザインについては、好みの素材を選んで組み合わせることが可能です。壁面を吉野桧で仕上げているので入浴中にも桧の香りが楽しめます。木の薫り成分である「フィトンチッド」の作用で・血圧を下げる・脈拍の乱れを整える・自律神経を安定させる・免疫力を向上させる・脳の活動を鎮静化させるなど、リラックス効果は絶大!

二階四層目子世帯のキッズコーナー。足に触れる吉野杉の床材がやわらかくいつまでも居心地のよい部屋です。近くの自然の景色も楽しめます。育ち盛りの子供たちが素足で駆け回り、木の安心感の中すくすく育ってくれるのが楽しみですね。こちらのお宅は10年後(2022年)、子供部屋を間仕切りリフォームもさせていだだきました。新築からリフォームまで同大工が手掛けるのでご安心いただるのも家族の森ならではです。ご両親の健康とお子様の成長を見守る環境が整ったお家になりました。

 

こだわりの住宅に住まれているお客様はこんな方です

お客様の声

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.