打ち合わせと魔女の宅急便(2)

2022.07.11

最近はSNS等を駆使し、施主さまのイメージされる写真やカタログをお持ちになって、打ち合わせに来られる方も多くなりました。

(設計士の先生と直接打ち合わせ)

家族の森は注文住宅の中でも自由設計幅の広い工務店です🌳

例えばエアコンだけとってみても、従来型エアコン、無風・無音の「F-CON」、全館空調「パッシブエアコン」と、自由に採用できます。

家の商品グレードのような制限もないので、メーカーカタログからすべてを決める必要はありません。設備やアクセントに採用したいもの、いわゆる「施主支給」したいものがあれば、望むものを新居に取り入れていただけます🥰

前回ブログで、魔女の宅急便のキキとジジの物語の締め括りについて書きました。力の弱まったキキは、中盤でジジの声がわからなくなります。私は子供の頃、多くの方と同様に「魔女の力が弱まった=声が聴けなくなった」として捉えていました。

これについて宮崎駿監督は、公式コメントで答えを出しています。

「ジジの声が聞こえなくなった理由は、ジジが変わったからではなく、キキが変わったからである。そもそもジジの声はもともとがキキ自身の声であって、キキの成長に合わせてジジの声が必要なくなってしまったのだ」

やはり中盤の時点でもはやジジの声(大人へと成長するための良心・理性の補完)は必要なくなった=自分自身に備わった、という見方です。

これまでキキのお客さんは、都会生活のスタートにあっては誰もかれも(おそのさん、デザイナー、古屋敷のおばあさんなど)考えられない程優しく、良心的でありました。

ですが、現実はそう生半可ではありませんね。キキが寝込むきっかけとなった、ご存知「ニシンのパイショック」です。

『魔女の独り立ち』をファンタジーとして見た時、「特別苦労も多いんだろうな…」という眼鏡を、私たちは気付かぬ間にかけさせられています。

しかし、『才能に依り、人と違う道を選んだ少女の独り立ち』と少し引いて見ると、「世の中そういうもんよ」という大人の声が聞こえてきそうです。

酸いも甘いも嚙み分けできる力、つまり社会人としての心構えは、魔女という「特殊技能生」にとっても、社会に出ていくために必要なエッセンスだというわけです。

そんなこんなで、多少なり社会の荒波にもまれ、精神的にも体力的にも疲労困憊でダウン。

寝込んで介抱してもらった後の、部屋を出るおそのさんとのやり取りが、この作品では最も光ります。

立ち去ろうとするおそのさんに、キキは、「おそのさん……ううん、何でもない」と言います。

今までのキキなら、母代わりのおそのさんにいっそう甘えきってしまうはずですが、なんとここでは、踏みとどまったのです。(おそのさんも察してか、一瞥にて部屋を立ち去ります)

社会人として独り立ちの気構え・土台が備わった瞬間です。

では、成長し理性と良心を備えたはずのキキが、なぜ回復後も飛べないままなのかという謎が残ります。

次回、完結です!ちゃんと家づくりと関係してます…😂読んでいただいてる皆様、ありがとうございます笑!(思った以上にアクセスがあって喜びです!)


地震に強く、環境や人には優しい「快適さNo.1」の家を建てています。

最高ブランド材である奈良の『吉野材』を軸に据えた、上質で長持ちする住まい。

断熱だけでなく、遮熱と共に夏冬の快適さを約束する『ウレタン遮熱工法』、省エネでありながら静かで体にやさしい全館空調「F-CON・パッシブエアコン」を導入。

もちろん耐震等級3をクリアし、ZEHやHEAT20・G2基準といった次世代基準のSDGsに貢献する家を実現。

家族の森は伝統が支えてきた建材と最新技術を駆使しながら、「人が住む」ことに真摯な姿勢で家づくりをしています。

ぜひ一緒に、最高の住み心地を追求しましょう。

~◇~◆~施工エリア~◆~◇~
奈良県全域・京都府南部 中心 他地域の方もお気軽にご相談ください。

大阪から移住を検討されている方のアクセスが増えてきました。奈良も土地代が上昇しております。ご相談、お早めに😄

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.