打ち合わせと魔女の宅急便(3)

2022.07.23

前回ブログより

大人として成長し理性と良心を備えたはずのキキが、なぜ回復後も飛べないままなのかという謎が残りました。

前回までを要約すると、

『魔女の才を活かし、社会人としての独り立ちを迎えたキキ。

独力で頑張りたいというその意気やよし、実際のスタートは、経験豊かな母が使い込んだ商売道具で、優しいパン屋おそのさん宅を間借りし、フリーランス事業を開始。優良顧客の優しさに全面的に助けられている状況であった。

次第に新しい都市での厳しさ、厳しさからの得た己の未熟さを、実体験として理解し、初めて、理性・良心の代弁役ジジの声を自身に内包することができた(=ジジが人語を失う)

が、大人として成長したはずのキキは未だ箒で飛ぶことができない…』

こんな感じです。

さて、スランプ状態にあるキキを、森に棲む絵描きウルスラが家に招き、こんなことを言っています。(「描」と「猫」ってそっくり…まさかそこまで伏線ではないか😅)

ウルスラ「魔法ってさ、呪文を唱えるんじゃないんだね」

キキ「うん。血で飛ぶんだって」

ウルスラ「魔女の血か・・・。いいね。私、そういうの好きよ。魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ」

ブログ(1)で書いたように、魔女の血(力)は私たちから見ると現実的ではありませんが、「絵描きの血、パン職人の血」と、同じ文脈上で語ることによって、「それぞれみな特別な才があり、魔女の力もあらゆる才能の一つである」と、それぞれが同様に苦労しているところも含め、並列化されるのです。

過去同じスランプに陥っていたウルスラに、キキはどうしたらいいのかアドバイスを求めます。

「そういう時はジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる。」

「(それでもできない場合)描くのをやめる。散歩をしたり、景色をみたり、昼寝をしたり、何もしない。そのうち急に描きたくなるんだよ。」

キキはがむしゃらに飛ぶステージから、飛ぶのをやめるステージへと既に移行しているので、あとは急に飛びたくなるのを待つということになります。

何とも芸術肌っぽい感覚論でキキを励ましたわけですが…よくよく見ればこのウルスラ。美女が森の奥深くに一人ぽつんと棲み、カラスを飼い、浮世離れした生活を送る…

魔女そのものやん!

ということで、私の解釈としては、ウルスラもまた、キキの暗喩キャラクターです。(声優高山みなみさんの一人二役でもあります)

そう、キキの内なる声の代弁者=ジジからの卒業だけでは、キキはまだ成長段階の半分までしか来ていません。もう一人の代弁者=ウルスラの声にどう答えられるか、これが最後のシーンへの布石となっていきます。

ジジの暗喩ポジションは、「理性・良心」に加え、「世の中をナナメに見る」役割を担っているとも見えます。ジジはニヒルなセリフが多いキャラです。

キキも当初、人の好意を正しく受け取れず、また同世代の女の子たちが楽しく暮らしているのを、斜に構えて見ることしかできませんでした。

今のキキは世の荒波にもまれる中で、自分が世の中に向ける目を正しく修正し、スレた部分はおさまりました。ようやく自分の土台が完成したわけです。

残ったウルスラの暗喩が何なのか、明らかになったのが最終場面です。

飛行船事件でトンボ君が宙づりの大ピンチに。居ても立っても居られないキキは一目散に走りだしますが、箒も飛ぶ力もなく、成す術がありません。

彼女は社会に適応するための「良心・理性」を備えました。しかし、キキが飛べなくなったのは、これらを手にする過程で失われたモノがあったからです。

何が彼女から欠落し、飛ぶために必要であったのか。

ウルスラの声、ウルスラのもつ暗喩ポジション、それは「直感」です。

理性を働かすというより、感覚的に捉えること。

キキは独り立ち当時はまさに、直感で生きている子供でした。それが大人になるに伴って理性の比重が高まっていくと、次第に感性が鈍っていきます。

その状態では魔法=才能は、活かせないのです。

ウルスラのアドバイスにあった、散歩をしたり、景色をみたり、昼寝をしたり、何もしないというのは、「弱った感性を回復させよ」という喩えでしょうか。

キキの場合、オープニングシーンで、草原でぼーっとラジオを聴く姿がありましたね。あれが本来のキキの、感性保養の伏線です。ですが都会に出て以降、ラジオの描写がなくなっています。忙殺の中で擦り減ってしまったのです。

その感性をついに取り戻したのが、トンボの事件でした。本来理性だけで考えれば、あの時キキにできることはないはずですが、彼女は「助けたい」の一心でがむしゃらに駆け出しました。考えての行動ではありません。走り出さずにはいられない。そうして、あのデッキブラシのおじさんと遭遇します。

「おじさん、そのブラシを貸してください!」

魔女デッキブラシで飛ぶなど前代未聞ですが、キキの魔法は改めて直感に依り(あるいは寄り)ます。

「飛べ…!」

無茶苦茶です(笑)

ですが、これが本来の純粋な姿であり、自分自身へのセリフですよね。

こうしてキキに足りなかった大人としての理性と、失われかけた感性とがバランスし、中庸を取り入れ見事復活しました。

私たち家族の森は、家という言わば、建築理論のカタマリを造っているわけです。

そこへ、キキの母のように経験則を大切にしながらも、施主様の感性を理解し、最大限個性を出していただくことが、快適な家づくりの「中庸」だと理解しています。

小屋でウルスラとの会話

キキ「苦しかった?
ウルスラ「それは今も同じ」「でもそのあと少し、前より絵を描くってこと、わかったみたい

苦しさはどんな時もあるけれど、その時その時代で中庸を整えながら、自分の型を作り続けていくということですね。

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

ウルスラのセリフとキャッチコピーの伏線が、これで無事回収されました。

次回以降は家の話造りに戻りたいと思います😄

こだわりの詰まった楽しいお家づくりは、ビルダーと施主様の二人三脚で成り立ちます。家づくりの正しい理解と、素敵な感性をブレンドして、あなただけの快適さNo.1の家にしましょう☘


地震に強く、環境や人には優しい「快適さNo.1」の家を建てています。

最高ブランド材である奈良の『吉野材』を軸に据えた、上質で長持ちする住まい。

断熱だけでなく、遮熱と共に夏冬の快適さを約束する『ウレタン遮熱工法』、省エネでありながら静かで体にやさしい全館空調「F-CON・パッシブエアコン」を導入。

もちろん耐震等級3をクリアし、ZEHやHEAT20・G2基準といった次世代基準のSDGsに貢献する家を実現。

家族の森は伝統が支えてきた建材と最新技術を駆使しながら、「人が住む」ことに真摯な姿勢で家づくりをしています。

ぜひ一緒に、最高の住み心地を追求しましょう。

~◇~◆~施工エリア~◆~◇~
奈良県全域・京都府南部 中心 他地域の方もお気軽にご相談ください。

大阪から移住を検討されている方のアクセスが増えてきました。奈良も土地代が上昇しております。ご相談、お早めに😄

住まいのことなら何でもご相談ください

ご相談無料 ※今ならモデルハウス見学で素敵なプレゼントをご用意しております。

資料請求はこちら お問い合わせ・
ご相談はこちら
© 2019 株式会社 家族の森.